メニュー

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の診断・治療

狭心症、心筋梗塞虚血性心疾患とは動脈が狭くなったり、詰まったりすることで、心臓(筋)への血の巡りが阻害されて、心臓に障害がおこる疾患を言います。

一般的に知られている狭心症や心筋梗塞も虚血性心疾患に含まれます。

狭心症・心筋梗塞

心臓の筋肉(心筋)に酸素を供給している冠動脈の異常によって、胸の痛みや締めつけるような圧迫感を伴う病気が狭心症です。これにより、心臓が壊死してしまった状態を心筋梗塞といいます。

虚血性心疾患の危険因子

高血圧、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)、喫煙、肥満やストレス等が冠動脈の危険因子とされています。

治療

専門の医師による早期の診断が重要で、場合によっては、血管を広げるための手術を緊急で行う必要もあります。虚血性心疾患の危険因子については、常に是正を心がけ、それらをコントロールして行くための治療を併行して行うのが一般的です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME